PostgreSQLで文字列を0埋めする方法

PostgreSQLで文字列を0埋めしたい時は
「lpad()」か「rpad()」を使うといい。

第一引数の文字列を、第二引数の文字数分、第三引数の文字で埋める。
lpad()は左埋め、rpad()は右埋めになる。
「第三引数の文字」で埋めるので、別に0じゃなくても埋められる。

SELECT
lpad(‘a’,3,‘0’)

・結果: ‘00a’ が返ってくる

SELECT
rpad(‘a’,3,‘0’)

・結果: ‘a00’ が返ってくる

SELECT
lpad(‘a’,6,‘あい’)

・結果: ‘あいあいあa’ が返ってくる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です